こんにちは、大輔です。

さて、今回は測量するためのドローンを扱うのに必要な資格に関して書こうと思います。

まず、測量をする為、測量士や測量士補の資格が必要になります。この2種類は国家資格で、測量士になるための専門的な知識や応用能力があるかどうかを判定するための資格になります。

また、測量士補も専門的な技術を持っているかどうかを判定するために試験を行います。

この2種類は、試験は誰でも受けることができます。

また、測量法の定めているものではなく、オルソ画像や点群データの作成の場合は、ドローンを操縦方法とソフトウェアの使用方法がわかれば正直な話、実施する事はできます。

ドローンの操作に関しての資格に関しては、国家資格はありません。民間資格として3種類あります。

・JUIDA操縦技能照明

・DJIスペシャリスト

・DPAドローン操縦士回転翼3級

なお、それぞれの資格には上位のものとしてインストラクターや安全運行管理者等の認定を行っています。

それぞれ受講費用や発行の為の費用、更新料、認定料などがかかります。

必ず必要になるのは測量士としての資格ですが、その他には普通運転免許証が必要になります。持っておくといい資格としては、ドローンによっては第3級陸上特殊無線技士が必要になります。