こんにちは、ドローン大好き大輔です!

今や趣味で飛ばしている人以外にも映画の空撮に使用されたり、様々なものの測定に使用されたりするドローンですが、種類がたくさんあるんです。

そんなドローンの種類を紹介しようと思います。

まずはホビー系ドローン。

これはいわゆるおもちゃとして遊ばれているタイプのものです。子供から大人までが趣味で飛ばすようなものもあり、比較的安価で手に入れる事ができます。

手のひらに収まるようなものもあり、高くても5,000円程度で買えます。初めてドローンを手にしたい方にはお勧めです。

次に練習用のドローン。

練習用のものは1万円以上の高額なものを飛ばす前にプロ仕様のものや操作の練習などをするのに向いている機体です。

1万円程度で購入できて、落下する事を前提に飛ばすことができます。日本では200グラム以上のドローンを飛ばす際は許可が必要になりますので、気をつけましょう。

次に空撮ドローン。

おもちゃのものにも簡易的なカメラは付いてますが、テレビで見るような滑らかな撮影をしたいなら本格的な空撮用のドローンを購入する必要があります。

空撮用のドローンにはブレを少なくする為にジンバルと言われるカメラと本体を繋いでいる機器が必要になります。

特にメジャーなものは本体とカメラ、ジンバルが一体になっているものです。

最後に紹介するのはレース系ドローン。

レースに使用されるドローンはFPVと言われている、ドローンの映像を操縦者が身につけているゴーグルに送受信して行うものが一般的です。

他のドローンとの違いは、部品を自分で買って自作で作るタイプと、ARF(Almost Ready to Fly)と言われるほとんど完成しているものを選ぶタイプの2つがある事です。

レース系ドローンは、高い耐久性、安全性、機動性、パワフルさなどを求める為、1機にかかる金額が高くなりがちです。

日本では、FPVを行う場合、免許がないと飛ばすことができないので、ハードルが高いです。