こんにちは、大輔です。

ドローンを使った写真測量を調べているとよく目にすることがある「RTK」という言葉。

RTK測位というのは、固定局と移動局の2つの受信機を使用して、リアルタイムに2点間で情報をやり取りすることで測位制度を高めることができる手法の事を言います。

GPS等のGNSSといった惑星位置情報測位システムというのは、どんなに精度を高めても多少の誤差が生まれてしまいます。

なお、GPSは身の回りにあるものですしどんなものか大体わかると思いますが、GNSSについては分からない方は多いのではないでしょうか。

GNSSというのは、捕捉できる衛星数を増やして精度を高めるものの事をいいます。

GPSを使用した場合に生じる誤差は10メートル程度と言われていて、GNSSを使用しても数メートル程度の誤差が生まれてしまうと言われています。

しかし、RTK測位を使用しての誤差はわずか数センチ程度と言われていて、ほとんど誤差がない状態での測位が可能になります。

そして、RTK測位とよく似た手法を使用するのがDGPSです。DGPSもRTKと同じように2台の受信機を使用します。

DGPSを使用しての測位の場合は誤差は1メートル程度と言われています。ただ、RTKとの違いは誤差の補正のやり方にあります。

RTKもDGPSも基本的な原理は同じで、固定局から差分データをリアルタイムで受け取ることができます。

しかし、RTKの場合は、より精度を高める為の仕組みがしっかりしています。

DGPSの場合は、通常の単独測量を行ったうえで差分のデータをもとに補正を行う方法を行います。

しかしRTK測位は、固定局と移動局がそれぞれで惑星までの距離を正確に算出してくれて、電波の波長や位相を調べることで、理論的には数ミリメートル単位での制度を出すことができるのです。

このように、RTK測位の方が、より正確に割り出すことができるのです。

こういったドローンを使用した測量は基本的に産業用ドローンで作成されています。

産業用ドローンは静音で安定した飛行も可能な上に正確に撮影ができるので、注目が高くなっているのもうなずけますね。