大輔です。

今回はドローンの中でも仕事として使用されている測量するためのドローンに関して書こうと思います。

測量というのは、地球表面上の点の関係位置を決める為の作業の事を言います。

従来の測量は専用の測量機器を使用して現地の地形を測定して、地形図をデータ化していたんですが、ドローンが出てきてからそれが一気に楽になりました。

ドローンを使用すると、上空から地表の様子をデータ化する事ができるので、重たい機器を持ち出さなくてもよくなります。さらにデータ化したものは専用のソフトで加工して、3Dモデルの作成などに活用されます。

地上から位置を確認して作業を始めるよりも早くに撮影ができて、かつ航空測量するよりも費用が安く済みます。

ドローンはこういう所でも役に立っているんですね。

一般的に趣味や競技で使用されるドローンは禁止法で飛ばせない所がありますけど、測量で使われるドローンはその限りではありません。

ドローンの測量で得られるものは、3次元点群データ、オルソ画像の二つです。

通常撮影するとビルの傾きなどがそのまま撮影されてしまい、正確な位置を把握すのが難しんですが、オルソ画像であれば傾きなどは修正された状態で画像として落とすことができるので、正確な位置を把握する事ができるようになるんです。

オルソ画像を作成するにはドローンで様々な角度から撮影したものを組み合わせて作らないとのいけないのでたくさんの画像素材が必要になります。

ドローンのおかげで測量はグッと楽になったと思います!